Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、個人情報の紛失事故2件を公表した。いずれも廃棄時に文書ファイルが見あたらないことへ気がついたという。

同機構によれば、まちづくり業務部では文書ファイル1冊の紛失が判明。事業承認にあたり分譲事業者が提出した誓約書を綴じたもので、分譲事業者177事業者の代表者や販売担当役員の氏名など、292人分の個人情報が含まれる。

廃棄のため、2月25日に保管している外部書庫より文書を取り寄せて確認したところ、紛失していることが明らかとなった。同機構は誤って廃棄した可能性が高いと説明。連絡が取れる事業者に対しては、経緯を説明するとともに謝罪した。

また総務人事部では、同機構の職員約500人や、宿舎管理会社の担当者数人に関する個人情報が記載されていたと見られる宿舎管理の請求関連書類が所在不明となっている。

2月17日に保存期限を満了した文書を廃棄するため、確認したところ、見あたらないことが判明した。保管期限が過ぎており、廃棄後に文書管理システムへの登録が漏れた可能性があるという。原本を紛失したため、対象者が特定できず、直接連絡は取れないという。

(Security NEXT - 2021/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子