Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究

情報通信研究機構(NICT)、PwCサイバーサービス、中部電力の3者は、重要インフラにおけるサイバー攻撃の対策技術の共同研究を推進する。

今回の取り組みでは、重要インフラや制御システムに対するサイバー攻撃対策において、予兆の段階で検知、観測する技術の向上をテーマに研究を進める。

サイバー攻撃を可視化し、予兆を検知するシステム「NIRVANA改」を開発するNICT、サイバー攻撃のデータ収集やアセスメント、フレームワークの開発を手がけるPwCサイバーサービス、システムのセキュリティ監視を行う中部電力などそれぞれのノウハウを活かす。

具体的には、NICTのサイバー攻撃観測網とPwCサイバーサービスのフレームワークを連携。中部電力のシステムを実証フィールドとして活用し、実践的な研究を進めていく。

(Security NEXT - 2018/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC