Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性

「VMware Carbon Black Cloud Workload appliance」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。早急に対処するよう呼びかけられている。

同製品は、「vSphere」におけるワークロードのマルウェアや脆弱性への対策、「EDR」などの機能を提供するソリューション。同製品において、細工したURLにより認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2021-21982」が明らかとなった。

非公開で同社に報告された脆弱性で、管理インターフェースへアクセスが可能な場合、認証トークンを取得して、アプライアンスを管理する「API」へのアクセスが可能になるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のスコアは「9.1」。脆弱性の重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

VMwareでは、脆弱性を修正した「同1.0.2」をリリース。利用者に対し、可能な限り早くアップデートを適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施