Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市

神奈川県川崎市は、小学校において、児童の個人情報が綴られたファイル1冊が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、校長室の耐火書庫で保管していた個人情報含むファイル1冊を紛失していることが2020年7月22日に判明したもの。ファイルには、1クラス児童31人分の児童個人票と個人情報使用承諾書が綴られていた。

氏名、性別、生年月日、保護者氏名、住所、緊急連絡先、同居家族名、欠席したときに連絡できる近所の児童の氏名、通学経路などが記載されている。

紛失の判明後、ファイルの使用場所が校内に限定されているとして以降も教職員が校内を捜索していたが発見できず、児童個人票を保護者へ返却する年度末を迎えたため、3月15日に校長が同市教育委員会へ報告した。

同校では3月29日、全教職員を対象に個人情報の管理について校内研修を実施。30日に臨時保護者会を開催するなどの対応を行った。

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市