Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

VMwareの「VMware vRealize Operations」などに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。組み合わせて悪用することでシステムの制御を奪われるおそれがある。

「VMware vRealize Operations」「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」が影響を受ける2件の脆弱性が明らかとなったもの。非公開で報告を受けたという。

「CVE-2021-21975」は「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性で、ネットワーク経由で「vRealize Operations Manager API」へアクセスできるユーザーにより、管理者の資格情報を窃取されるおそれがある。

さらに認証された攻撃者により、同APIによってPhoton OSの任意の場所にファイルを書き込むことができる「CVE-2021-21983」が明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「CVE-2021-21975」が「8.6」、「CVE-2021-21983」が「7.2」といずれも単独では「9」以下だが、これら脆弱性を組み合わせた場合を考慮し、同社は重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社は脆弱性を修正したアップデートをリリース。「VMware vRealize Operations Manager 7.0.0」など、一部パッチの提供が計画されていないバージョンもあり、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2021/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因