Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性

「Cisco Jabber」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。なかでもWindows版では深刻な脆弱性が明らかとなっている。

「Cisco Jabber」にあわせて5件の脆弱性「CVE-2021-1411」「CVE-2021-1417」「CVE-2021-1418」「CVE-2021-1469」「CVE-2021-1471」が明らかとなったもの。

なかでも「同for Windows」では、今回明らかとなった5件の脆弱性すべてが存在。もっとも深刻な脆弱性が悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

「同for MacOS」および「同for mobile」については、サービス拒否の脆弱性「CVE-2021-1418」、証明書検証不備の脆弱性「CVE-2021-1471」が含まれる。

いずれも脆弱性の悪用は確認されていないという。また「電話専用モード」「チームメッセージングモード」に設定している場合は、「CVE-2021-1471」のみ影響を受けるとしている。

(Security NEXT - 2021/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース