Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性

「Cisco Jabber」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。なかでもWindows版では深刻な脆弱性が明らかとなっている。

「Cisco Jabber」にあわせて5件の脆弱性「CVE-2021-1411」「CVE-2021-1417」「CVE-2021-1418」「CVE-2021-1469」「CVE-2021-1471」が明らかとなったもの。

なかでも「同for Windows」では、今回明らかとなった5件の脆弱性すべてが存在。もっとも深刻な脆弱性が悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

「同for MacOS」および「同for mobile」については、サービス拒否の脆弱性「CVE-2021-1418」、証明書検証不備の脆弱性「CVE-2021-1471」が含まれる。

いずれも脆弱性の悪用は確認されていないという。また「電話専用モード」「チームメッセージングモード」に設定している場合は、「CVE-2021-1471」のみ影響を受けるとしている。

(Security NEXT - 2021/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供