Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社

システム開発やインフラ構築を手がける工芸精器製作所は、メール送信時の操作ミスにより、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、3月17日13時過ぎに複数の宛先へメールを送信する際、マクロ実行の操作を誤り、本来宛先ごとに1件ずつ送信すべきところ、宛先にすべての送信先を設定した状態でメールを送信。氏名や会社名、メールアドレスなど、243件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同社では同日、対象となる顧客にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。今後はマクロによる一斉送信を中止し、あらたにシステムを導入して1件ずつメールを送信するとしている。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で事業者のメアド流出 - 横須賀市
受験志望者の保護者宛メールで誤送信 - 名古屋大付属中高
ダブルチェックもメールを誤送信、送信直後に気づく - 川崎北職安
県内企業へのセミナー案内メールで誤送信 - 島根県
地域活性化活動の会員メールアドレスが流出 - 清瀬市
講座申込者宛のメールで誤送信 - 都立特別支援学校
アート展の受賞決定を知らせるメールで誤送信 - 江戸川区