Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社

システム開発やインフラ構築を手がける工芸精器製作所は、メール送信時の操作ミスにより、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、3月17日13時過ぎに複数の宛先へメールを送信する際、マクロ実行の操作を誤り、本来宛先ごとに1件ずつ送信すべきところ、宛先にすべての送信先を設定した状態でメールを送信。氏名や会社名、メールアドレスなど、243件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同社では同日、対象となる顧客にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。今後はマクロによる一斉送信を中止し、あらたにシステムを導入して1件ずつメールを送信するとしている。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - クリアソン新宿
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場