Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が、VPN経由で不正アクセスを受けたことがわかった。被害状況など詳細について調査を進めている。

同機構によれば、VPN接続による不正アクセスがあり、同機構の基幹ネットワークシステムを利用する職員や旧職員、業務委託先など関係者に関する氏名や番号、メールアドレス、アカウント、ハッシュ化されたパスワードなど、1947件が流出したことが判明した。

3月16日に通信を監視する委託先事業者より連絡があり、職員になりすましたVPN接続が行なわれていることが判明。対象となるアカウント1件について遮断し、ログなどアクセス状況を調査したところ、同月8日以降、不正アクセスを受けており、8日に情報が窃取されたことが明らかとなった。

同機構では、対象となる関係者に対して連絡を取るとともに、不正アクセスを受けた詳しい原因や、個人情報、機密情報の流出の有無など調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か