Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス

情報処理推進機構(IPA)は、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」において、登録となったクラウドサービスリストを公開した。

「ISMAP(Information system Security Management and Assessment Program)」は、政府機関によるクラウドサービスの調達について効率化を図るために政府が定めた制度。情報セキュリティ監査の枠組みを活用した評価プロセスに基づき、政府が定めた基準を満たしたクラウドサービスを登録する。

同制度は2020年6月にスタートし、今回2021年3月12日に登録された7社、10サービスが公表された。リージョンを含めた対象となるサービス範囲、実施している統制目標の管理策、関係者や関連会社、準拠法、脆弱性診断などに関する情報を提供している。

今回登録されたサービスは以下のとおり。

OpenCanvas(IaaS)(NTTデータ)
FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud(富士通)
Apigee Edge(Google)
Google Cloud Platform(Google)
Google Workspace(Google)
Salesforce Services(セールスフォース・ドットコム)
Heroku Services(セールスフォース・ドットコム)
Amazon Web Services(Amazon Web Services)
NEC Cloud laaS(日本電気株式会社)
KDDIクラウドプラットフォームサービス(KDDI)

(Security NEXT - 2021/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も