Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス

情報処理推進機構(IPA)は、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」において、登録となったクラウドサービスリストを公開した。

「ISMAP(Information system Security Management and Assessment Program)」は、政府機関によるクラウドサービスの調達について効率化を図るために政府が定めた制度。情報セキュリティ監査の枠組みを活用した評価プロセスに基づき、政府が定めた基準を満たしたクラウドサービスを登録する。

同制度は2020年6月にスタートし、今回2021年3月12日に登録された7社、10サービスが公表された。リージョンを含めた対象となるサービス範囲、実施している統制目標の管理策、関係者や関連会社、準拠法、脆弱性診断などに関する情報を提供している。

今回登録されたサービスは以下のとおり。

OpenCanvas(IaaS)(NTTデータ)
FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud(富士通)
Apigee Edge(Google)
Google Cloud Platform(Google)
Google Workspace(Google)
Salesforce Services(セールスフォース・ドットコム)
Heroku Services(セールスフォース・ドットコム)
Amazon Web Services(Amazon Web Services)
NEC Cloud laaS(日本電気株式会社)
KDDIクラウドプラットフォームサービス(KDDI)

(Security NEXT - 2021/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
「クラウドサービス提供における情報セキュリティGL」の第3版を公開 - 総務省
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」