Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区

東京都葛飾区は、過去10年以上使用していないメールアカウントが不正アクセスを受け、外部への不正なメール送信に使用されたことを明らかにした。

同区によれば、総合行政ネットワーク「LGWAN」へ移行する前の2000年代前半に利用し、移行後は長期間にわたり利用していなかったメールアカウントが不正アクセスを受け、意図しないメールの送信に悪用されたという。

2020年12月5日から2021年2月17日にかけて、期間中16日間で不正送信が確認されており、「.gov」「.com」「.uk」といったドメインを持つ英語圏の不特定メールアドレス827件に対してメールが送信されていた。メールの記載内容はわかっていない。

過去に利用していたドメイン「city.katsushika.tokyo.jp」では、16件のメールアドレスを利用していたが、悪用されたのはそのうち1件で、他メールアドレスについては、ログより悪用されていないことを確認した。

何らかの方法でパスワードが取得されてアカウントが悪用されたものだが、特定された経緯はわかっていない。問題のアカウントにどのようなパスワードが設定されていたか記録が残っていないが、同区は当時、一定の文字数や文字種などをパスワードに用いるルールで運用していたとしている。

同区では問題発覚後、管理する事業者が対象のメールアドレスのパスワードを変更したのち、利用していないメールアドレスについては削除した。今回の問題を受けて警察へ被害届を提出する予定。

(Security NEXT - 2021/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも