Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区

東京都葛飾区は、過去10年以上使用していないメールアカウントが不正アクセスを受け、外部への不正なメール送信に使用されたことを明らかにした。

同区によれば、総合行政ネットワーク「LGWAN」へ移行する前の2000年代前半に利用し、移行後は長期間にわたり利用していなかったメールアカウントが不正アクセスを受け、意図しないメールの送信に悪用されたという。

2020年12月5日から2021年2月17日にかけて、期間中16日間で不正送信が確認されており、「.gov」「.com」「.uk」といったドメインを持つ英語圏の不特定メールアドレス827件に対してメールが送信されていた。メールの記載内容はわかっていない。

過去に利用していたドメイン「city.katsushika.tokyo.jp」では、16件のメールアドレスを利用していたが、悪用されたのはそのうち1件で、他メールアドレスについては、ログより悪用されていないことを確認した。

何らかの方法でパスワードが取得されてアカウントが悪用されたものだが、特定された経緯はわかっていない。問題のアカウントにどのようなパスワードが設定されていたか記録が残っていないが、同区は当時、一定の文字数や文字種などをパスワードに用いるルールで運用していたとしている。

同区では問題発覚後、管理する事業者が対象のメールアドレスのパスワードを変更したのち、利用していないメールアドレスについては削除した。今回の問題を受けて警察へ被害届を提出する予定。

(Security NEXT - 2021/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ