Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委

公正取引委員会において、個人情報を含むアンケートの回答を含んだファイルを外部組織に誤って提供するミスが発生した。

同委員会によれば、問題のファイルは、協同組合などにおける独占禁止法のコンプライアンス実施状況について調査を実施し、結果を取りまとめた概要資料。調査結果そのものは2020年6月に公表している。

2020年8月14日、同月28日、および同年9月7日に、情報の周知を目的に外部の2団体と1事業者に対して、個人情報が含まれていることに気が付かず、同調査のプレゼンテーションファイルをメールで送信していた。

問題のプレゼンテーションファイルには、アンケート結果を示すグラフとして表計算ファイルが埋め込まれており、クリックすると、集計元となる表計算ファイルのデータを閲覧できる状態だったという。

問題の表計算ファイルには、アンケートの対象者である協同組合など、1248団体の担当者1381人の情報が保存されていた。氏名、電話番号、メールアドレス、組織名、担当部署、役職、アンケートの回答内容など含まれる。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
イベント参加者への連絡メールで誤送信が発生 - 諏訪市
広報誌を誤送信で関係者のメアド流出 - 公取委
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県