Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市

横浜市の中学校において、生徒の個人情報含む名簿が所在不明となっている。

同市によれば、2月23日の卒業遠足における指導中に、生徒の名簿を含む書類5枚を紛失したもの。名簿には、3年生142人の氏名、学年、学級のほか、教職員14人の名字と携帯電話番号が記載されていた。

同日15時前、教諭が名簿を紛失していることに気づき、学年主任に報告したもの。

同日10時前、同教諭は生徒を誘導する際、名簿を鞄から取り出して使用。その後名簿を折りたたみ、ズボンの後ろポケットに入れて、生徒の指導にあたっていた。

訪問先だった施設の遺失物センターに確認したが発見できず、遺失物届を提出。引率した全教職員で施設内を捜索したが、見つからなかった。

同校では翌24日、対象となる生徒の保護者に書面とメールで報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県