Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター

電気工事技術講習センターは、講習受講者の個人情報が、インターネット上に流出していたことを明らかにした。

同センターによれば、同センターが実施している第一種電気工事士定期講習の受講者59人分の個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態となっていたもの。

氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスのほか、勤務先の名称や部署、所在地、電話番号、第一種電気工事士免状番号、交付日などが含まれる。

2月2日にインターネット検索で定期講習の申し込みに関する画面が表示され、受講者の個人情報が閲覧できるとの指摘があり、問題が判明した。

同センターでは、外部より閲覧できないよう対策を講じ、対象となる受講者に対し電話で事情の説明と謝罪を行った。

また個人情報保護委員会など関係官庁へ報告。類似した問題が発生していないか調査を行い、原因の究明や再発防止策などの検討を進めるとしている。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も