Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター

電気工事技術講習センターは、講習受講者の個人情報が、インターネット上に流出していたことを明らかにした。

同センターによれば、同センターが実施している第一種電気工事士定期講習の受講者59人分の個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態となっていたもの。

氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスのほか、勤務先の名称や部署、所在地、電話番号、第一種電気工事士免状番号、交付日などが含まれる。

2月2日にインターネット検索で定期講習の申し込みに関する画面が表示され、受講者の個人情報が閲覧できるとの指摘があり、問題が判明した。

同センターでは、外部より閲覧できないよう対策を講じ、対象となる受講者に対し電話で事情の説明と謝罪を行った。

また個人情報保護委員会など関係官庁へ報告。類似した問題が発生していないか調査を行い、原因の究明や再発防止策などの検討を進めるとしている。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
広報誌を誤送信で関係者のメアド流出 - 公取委
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市