Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター

電気工事技術講習センターは、講習受講者の個人情報が、インターネット上に流出していたことを明らかにした。

同センターによれば、同センターが実施している第一種電気工事士定期講習の受講者59人分の個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態となっていたもの。

氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスのほか、勤務先の名称や部署、所在地、電話番号、第一種電気工事士免状番号、交付日などが含まれる。

2月2日にインターネット検索で定期講習の申し込みに関する画面が表示され、受講者の個人情報が閲覧できるとの指摘があり、問題が判明した。

同センターでは、外部より閲覧できないよう対策を講じ、対象となる受講者に対し電話で事情の説明と謝罪を行った。

また個人情報保護委員会など関係官庁へ報告。類似した問題が発生していないか調査を行い、原因の究明や再発防止策などの検討を進めるとしている。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
アンケートフォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 守口市
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
案内メールを「CC」送信でメアド流出 - 朝日新聞