Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院

広島大学病院は、臨床検査技師が患者情報を保存した私物のUSBメモリを自宅へ持ち帰り、紛失したことを明らかにした。

同院によれば、臨床検査技師が1月21日に会議資料を作成するため、個人所有のUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失したもの。

USBメモリには、患者56人分の氏名、ID、年齢、性別、検査データ、疾患区分と、患者3人分の氏名、ID、検査データを含む表計算ファイルが保存されていた。ファイルにはパスワードを設定していたという。

翌22日に車で出勤後、USBメモリを入れていたポーチが見当たらないことへ気が付いたが、そのまま勤務。帰宅後に自宅や車内、院内などを捜索したが見つからず、警察へ届けた。

同院では対象となる患者に対し説明と謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2021/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失