Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版「Firefox 85」をリリースした。13件の脆弱性に対処している。

今回のアップデートでは、ブックマークやパスワードマネージャーの改善を図ったほか、「スーパーcookie」への対策を搭載するなど、機能強化を図った。

あわせて13件の脆弱性に対応。型の取り違えが生じる脆弱性「CVE-2021-23954」や、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2021-23964」「CVE-2021-23965」など、重要度が4段階中2番目にあたる「高(High)」とされる脆弱性5件を修正した。

さらに「中(Moderate)」とされる6件、「低(Low)」とされる2件を解消。「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

また脆弱性へ対処した延長サポート版「Firefox ESR 78.7」についてもあわせてリリース。「Firefox 85」で修正された脆弱性4件のほか、「CVE-2020-26976」にも対応している。

「Firefox 85」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-23953
CVE-2021-23954
CVE-2021-23955
CVE-2021-23956
CVE-2021-23957
CVE-2021-23958
CVE-2021-23959
CVE-2021-23960
CVE-2021-23961
CVE-2021-23962
CVE-2021-23963
CVE-2021-23964
CVE-2021-23965

(Security NEXT - 2021/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を