Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も

Googleは、同社ブラウザの最新版「Chrome 88.0.4324.96」をリリースした。機能強化のほか、セキュリティに関して36件の修正を行い、深刻な脆弱性を解消している。

「Chrome 88」では、機能強化を実施し、拡張機能の新プラットフォーム「Manifest v3」を搭載。リモートでホストされたコードの実行を禁止するなど安全性やプライバシー保護の向上を図った。

あわせてセキュリティに関する36件の修正を実施。CVEベースで26件の脆弱性へ対処したことを明らかにしている。

なかでも、「Cryptohome」におけるポリシー適用の不備「CVE-2021-21117」は、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

そのほか解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性5件をはじめ、重要度が次に高い「高(High)」とされる9件の脆弱性を解消。「中(Medium)」とされる脆弱性10件や「低(Low)」とされる脆弱性6件に対応した。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-16044
CVE-2021-21117
CVE-2021-21118
CVE-2021-21119
CVE-2021-21120
CVE-2021-21121
CVE-2021-21122
CVE-2021-21123
CVE-2021-21124
CVE-2021-21125
CVE-2021-21126
CVE-2021-21127
CVE-2021-21128
CVE-2021-21129
CVE-2021-21130
CVE-2021-21131
CVE-2021-21132
CVE-2021-21133
CVE-2021-21134
CVE-2021-21135
CVE-2021-21136
CVE-2021-21137
CVE-2021-21138
CVE-2021-21139
CVE-2021-21140
CVE-2021-21141

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所