Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も

Googleは、同社ブラウザの最新版「Chrome 88.0.4324.96」をリリースした。機能強化のほか、セキュリティに関して36件の修正を行い、深刻な脆弱性を解消している。

「Chrome 88」では、機能強化を実施し、拡張機能の新プラットフォーム「Manifest v3」を搭載。リモートでホストされたコードの実行を禁止するなど安全性やプライバシー保護の向上を図った。

あわせてセキュリティに関する36件の修正を実施。CVEベースで26件の脆弱性へ対処したことを明らかにしている。

なかでも、「Cryptohome」におけるポリシー適用の不備「CVE-2021-21117」は、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

そのほか解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性5件をはじめ、重要度が次に高い「高(High)」とされる9件の脆弱性を解消。「中(Medium)」とされる脆弱性10件や「低(Low)」とされる脆弱性6件に対応した。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-16044
CVE-2021-21117
CVE-2021-21118
CVE-2021-21119
CVE-2021-21120
CVE-2021-21121
CVE-2021-21122
CVE-2021-21123
CVE-2021-21124
CVE-2021-21125
CVE-2021-21126
CVE-2021-21127
CVE-2021-21128
CVE-2021-21129
CVE-2021-21130
CVE-2021-21131
CVE-2021-21132
CVE-2021-21133
CVE-2021-21134
CVE-2021-21135
CVE-2021-21136
CVE-2021-21137
CVE-2021-21138
CVE-2021-21139
CVE-2021-21140
CVE-2021-21141

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で