Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も

トレンドマイクロの法人向けエンドポイント用セキュリティ対策製品に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。2020年にリリースされたアップデートで修正済みだという。

「Apex One」「ウイルスバスターコーポレートエディション」では、認証をバイパスされるおそれがある「CVE-2020-24563」や、メモリを二重に解放するダブルフリーの脆弱性「CVE-2020-25773」など、あわせて14件の脆弱性が明らかとなった。

権限昇格の脆弱性「CVE-2020-28572」や、域外のメモリを参照する「CVE-2020-24564」など6件や、不適切な権限設定による情報漏洩の脆弱性「CVE-2020-28573」など5件が含まれる。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアが高い脆弱性としては、「CVE-2020-24563」「CVE-2020-25773」の2件が「7.8」とレーティングされている。

一方「ウイルスバスタービジネスセキュリティシリーズ」では、このうち「CVE-2020-24563」をはじめとする6件にくわえて、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2020-28574」が存在。

「CVE-2020-28574」を悪用されると認証を回避して管理サーバ上にある任意のファイルを変更、削除されるおそれがあり、「CVSSv3」のベーススコアは、最高値である「10」と評価されている。

(Security NEXT - 2021/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正