Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース

Mozilla Foundationは、深刻な脆弱性を解消したメールソフト「Thunderbird 78.6.1」をリリースした。

今回のアップデートは、「SCTPパケット」において悪意ある「COOKIE ECHOチャンク」を処理した際、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-16044」に対処したもの。

多くの場合、「Thunderbird」でメールを読む際は、スクリプトが無効化されており、脆弱性の影響を受けることはないが、ブラウザなどにおいて潜在的なリスクが存在し、悪用されるとコードを実行されるおそれがあるとして対処した。

重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされており、米時間1月6日にリリースされた「Firefox 84.0.2」「Firefox ESR 78.6.1」「Firefox for Android 84.1.3」においても同脆弱性が修正されている

(Security NEXT - 2021/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
「SolarWinds Orion」のAPIに認証回避のおそれ
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性4件に対応