Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省

総務省は、検討会に関する傍聴申込メールの誤送信や、文書の誤送付について公表した。

同省によれば、サイバーセキュリティ統括官室が実施する検討会の傍聴申し込みメール12件を、2020年12月16日14時半ごろから19時前にかけて同検討会とは関係ない委託事業者へ誤って送信するミスがあった。

傍聴申込先としていたメーリングリストの配信アドレスの設定に誤りがあったもので、問題のメールには、氏名、勤務先、連絡先など14人分の個人情報が含まれる。

12月25日に誤送信先となった委託事業者から報告があり問題が判明。誤って送信したメールの削除を依頼するとともに、関係者へ謝罪した。

また同省では、情報公開・個人情報保護審査会事務局において文書の誤送付があり、諮問庁職員の姓が流出したことを公表している。

審査請求人に対して文書を送付した際、誤って別の文書を送付したもので、誤送付した可能性がある文書の廃棄を依頼。諮問庁の職員に対して状況を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2021/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
リユース品配布会の当選者通知メールで送信ミス - 松本市
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県