Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出

人気キャラクター「リラックマ」の公式サイト「いつでもリラックマ」が不正アクセスを受け、会員のメールアドレスが流出したことがわかった。

同サイトを運営するイマジニアによれば、2014年3月18日から2020年1月19日にかけて、同サイトの無料会員登録時に入力されたメールアドレス10万5180件が流出したもの。

2020年12月30日に同サイトを管理するサーバで異常なアクセスを検知。調査を行ったところ、不正アクセスによるメールアドレスの流出を確認した。

前日29日より同日にかけてシステムの脆弱性を突く不正アクセスを受けており、同社では不正アクセスの発信元IPアドレスからの通信を遮断。脆弱性に対する対策を実施した。

情報流出の判明を受けて同社では、1月5日より対象となる会員に対し、メールを通じて経緯の報告と謝罪を行っている。また個人情報保護委員会と警察へ報告を行った。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大