Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出

人気キャラクター「リラックマ」の公式サイト「いつでもリラックマ」が不正アクセスを受け、会員のメールアドレスが流出したことがわかった。

同サイトを運営するイマジニアによれば、2014年3月18日から2020年1月19日にかけて、同サイトの無料会員登録時に入力されたメールアドレス10万5180件が流出したもの。

2020年12月30日に同サイトを管理するサーバで異常なアクセスを検知。調査を行ったところ、不正アクセスによるメールアドレスの流出を確認した。

前日29日より同日にかけてシステムの脆弱性を突く不正アクセスを受けており、同社では不正アクセスの発信元IPアドレスからの通信を遮断。脆弱性に対する対策を実施した。

情報流出の判明を受けて同社では、1月5日より対象となる会員に対し、メールを通じて経緯の報告と謝罪を行っている。また個人情報保護委員会と警察へ報告を行った。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル
SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社
サーバに不正アクセス、卒業生の個人情報流出の可能性 - 琉球大