Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工

川崎重工業は、海外拠点経由で国内拠点のサーバが不正アクセスを受け、データが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、2020年6月11日にシステムの監査を実施したところ、タイの拠点から国内サーバに対して、本来は発生しないはずの接続を発見。同月15日に同拠点経由で外部にデータを送信された可能性があることが判明した。

国内のデータセンターにある複数のサーバに対しても、タイの拠点から不正アクセスが行われていたことを翌16日に確認したほか、インドネシアやフィリピンなどの拠点を経由した不正アクセスを把握。さらに7月には米国拠点からも不正アクセスを受けた疑いがあることがわかった。

複数の海外拠点から国内拠点に対する不正アクセスが相次いで明らかになったことを受けて、同社は8月にすべての海外拠点と国内拠点の通信を制限。同月より10月にかけて国内およびタイの端末約2万6000台と、侵害を受けた海外拠点の端末約3000台について詳細を検査した。情報流出の可能性があるものの、対象となる情報については特定できていないという。

同社は、不正アクセスの影響を受けた可能性がある顧客には、個別に連絡を取っている。また8月以降、国内へ不正侵入されていないことを10月30日に確認。遮断していた海外拠点との接続を11月30日より再開した。

(Security NEXT - 2021/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大