Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市

大阪市は、歴史公文書の所在がわからなくなっていることを公表した。個人情報が記載されている可能性があるという。

同市によれば、条例によって定められている歴史公文書について、大阪市公文書館に引き継ぐ準備を進めていた際、一部文書が見当たらないことに担当者が気がついたもの。

所在がわからなくなっているのは、2007年度、2008年度、2009年度の「学級編制決議書類」。他年度の文書に児童および生徒の氏名、学年、家庭状況、通学区域などの個人情報が1件ないし2件付記されており、今回紛失が判明した文書にも同様の個人情報が付記されている可能性があるという。

9月28日に紛失へ気が付き、引き継ぎを行う12月上旬まで捜索してきたが見つからなかった。同市では紛失した文書について、外部へ持ち出すものではなく、誤って廃棄した可能性があると説明している。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市