Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市

大阪市は、歴史公文書の所在がわからなくなっていることを公表した。個人情報が記載されている可能性があるという。

同市によれば、条例によって定められている歴史公文書について、大阪市公文書館に引き継ぐ準備を進めていた際、一部文書が見当たらないことに担当者が気がついたもの。

所在がわからなくなっているのは、2007年度、2008年度、2009年度の「学級編制決議書類」。他年度の文書に児童および生徒の氏名、学年、家庭状況、通学区域などの個人情報が1件ないし2件付記されており、今回紛失が判明した文書にも同様の個人情報が付記されている可能性があるという。

9月28日に紛失へ気が付き、引き継ぎを行う12月上旬まで捜索してきたが見つからなかった。同市では紛失した文書について、外部へ持ち出すものではなく、誤って廃棄した可能性があると説明している。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都