Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市

大阪市は、歴史公文書の所在がわからなくなっていることを公表した。個人情報が記載されている可能性があるという。

同市によれば、条例によって定められている歴史公文書について、大阪市公文書館に引き継ぐ準備を進めていた際、一部文書が見当たらないことに担当者が気がついたもの。

所在がわからなくなっているのは、2007年度、2008年度、2009年度の「学級編制決議書類」。他年度の文書に児童および生徒の氏名、学年、家庭状況、通学区域などの個人情報が1件ないし2件付記されており、今回紛失が判明した文書にも同様の個人情報が付記されている可能性があるという。

9月28日に紛失へ気が付き、引き継ぎを行う12月上旬まで捜索してきたが見つからなかった。同市では紛失した文書について、外部へ持ち出すものではなく、誤って廃棄した可能性があると説明している。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業