Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県

新潟県は、委託先でメールの送信ミスがあり、セミナー参加者のメールアドレスが流出したことを公表した。

同県によれば、同県における生涯スポーツ推進事業を委託している新潟県スポーツ協会において、セミナー参加者へ向けたメールで送信ミスが発生したもの。

12月16日にメールを送信した際、宛先のメールアドレス40件を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

翌12月17日に問題が判明。同協会では対象となる参加者にメールと電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
案内メールを「CC」送信でメアド流出 - 朝日新聞
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出