Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には

マイクロソフトが月例セキュリティ更新で修正した「CVE-2020-17049」の実証コードが公開された。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

問題の「CVE-2020-17049」は、「Kerberos KDC」におけるセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性。脆弱性を悪用することで委任が有効ではないサービスチケットを改ざんし、「KDC」に受け入れさせることが可能になるという。

同社は、11月の月例セキュリティ更新でサービスチケットの検証方法を変更する修正を実施。さらに12月の月例セキュリティ更新で既知の問題へ対応したアップデートを再度リリースした。

あわせて拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)の契約者向けに「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」に対するセキュリティ更新プログラムを追加している。

同脆弱性への対応は、12月の更新プログラムを適用しただけでは完了しない点に注意が必要だ。すべてのActive Directoryドメインコントローラーにおいてレジストリキーの設定を変更し、強制モードを有効にすることで保護が可能となる。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市