Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には

マイクロソフトが月例セキュリティ更新で修正した「CVE-2020-17049」の実証コードが公開された。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

問題の「CVE-2020-17049」は、「Kerberos KDC」におけるセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性。脆弱性を悪用することで委任が有効ではないサービスチケットを改ざんし、「KDC」に受け入れさせることが可能になるという。

同社は、11月の月例セキュリティ更新でサービスチケットの検証方法を変更する修正を実施。さらに12月の月例セキュリティ更新で既知の問題へ対応したアップデートを再度リリースした。

あわせて拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)の契約者向けに「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」に対するセキュリティ更新プログラムを追加している。

同脆弱性への対応は、12月の更新プログラムを適用しただけでは完了しない点に注意が必要だ。すべてのActive Directoryドメインコントローラーにおいてレジストリキーの設定を変更し、強制モードを有効にすることで保護が可能となる。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ