Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には

マイクロソフトが月例セキュリティ更新で修正した「CVE-2020-17049」の実証コードが公開された。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

問題の「CVE-2020-17049」は、「Kerberos KDC」におけるセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性。脆弱性を悪用することで委任が有効ではないサービスチケットを改ざんし、「KDC」に受け入れさせることが可能になるという。

同社は、11月の月例セキュリティ更新でサービスチケットの検証方法を変更する修正を実施。さらに12月の月例セキュリティ更新で既知の問題へ対応したアップデートを再度リリースした。

あわせて拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)の契約者向けに「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」に対するセキュリティ更新プログラムを追加している。

同脆弱性への対応は、12月の更新プログラムを適用しただけでは完了しない点に注意が必要だ。すべてのActive Directoryドメインコントローラーにおいてレジストリキーの設定を変更し、強制モードを有効にすることで保護が可能となる。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性