Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコカード利用者狙ったフィッシング - 他カードの利用者も注意

フィッシング対策協議会は、オリエントコーポレーションを装うフィッシング攻撃について報告を受けているとして注意喚起を行った。フィッシングメールには、他カードブランドを標的とした痕跡も残っており、オリコカード以外の利用者も注意が必要だ。

20201208_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

メールで「本人の利用であるか確認したい取り引きがある」などとだまし、「カードの利用を制限した」などと不安を煽って偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。

フィッシングサイトでは、オリエントコーポレーションが提供するポータルサイト「eオリコサービス」を偽装。IDやパスワードのほか、氏名、生年月日、電話番号、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、暗証番号、口座番号などの入力を求める。

メールには複数のリンクが埋め込まれているが、一部フィッシングメールではUCカードの利用者向けポータルサイトである「アットユーネット」といった記載が残存。複数のブランドを対象にフィッシング攻撃を展開していると見られる。

12月8日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

クレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃は前日7日にも注意喚起が行われたばかり。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中
「UCSカード」装うフィッシング - 取り引き確認とだます手口
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も