Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エッジ管理製品「HPE EIM」に深刻な脆弱性 - 早急に対応を

エッジデバイスの管理ソリューション「HPE Edgeline Infrastructure Management Software(EIM)」にリモートより悪用されるおそれがある深刻な脆弱性が判明した。

同製品は「HPE Edgeline Infrastructure Manager」としても知られる製品。同製品において認証をバイパスされ、コマンドを実行される脆弱性「CVE-2020-7199」が明らかとなったもの。

特権を取得されるおそれがあるほか、サービス拒否、構成の変更などに悪用されるおそれがある。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3.1」のスコアは「9.8」で、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は同脆弱性の判明を受け、修正版となる「同1.21」をリリース。できるだけ早く対応するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で