Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張

「CVE-2020-4006」に関しては、米時間11月23日にVMwareがアドバイザリを公開。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアを「9.1」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングする一方、脆弱性を修正するアップデートは準備中として回避策の実施を呼びかけていた。

その後12月3日にアップデートをリリース。CVSS値に関しては「7.2」へと下方修正している。

今回の問題を受け、NSAでは安全保障の関連機関に対して同脆弱性が含まれている機器がないか確認し、できる限り早くパッチを適用、連携する認証プロバイダの設定と監視状況を評価して対策を講じるよう求めた。

またVMwareがアナウンスした回避策の実施、ログによる異常な接続の監視やウェブシェル対策といった検知の強化、管理インタフェースへのアクセス制御、認証連携における安全の確認など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正