Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張

VMwareの複数製品において一時アップデートが提供されておらず、ゼロデイ状態が生じた脆弱性「CVE-2020-4006」が、国家レベルの巧妙なサイバー攻撃に悪用されていたことがわかった。

米国家安全保障局(NSA)がアドバイザリをリリースし、ロシアの支援を受ける組織のサイバー攻撃に同脆弱性が悪用されていたとして、米国防省をはじめとする安全保障機関のシステム管理者に対して注意喚起を行ったもの。

問題の「CVE-2020-4006」はコマンドインジェクションの脆弱性。「VMware Workspace One Access」「同Connector」「VMware Identity Manager(vIDM)」「同Connector」「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」などが影響を受ける。

NSAによれば、同脆弱性がウェブシェルのインストールやSAML認証アサーションの偽造に利用され、「Microsoft Active Directory Federation Services(ADFS)」に資格情報を送信してデータ侵害に悪用されたという。

同脆弱性の悪用にはパスワードベースの管理インタフェースへアクセスする必要があり、初期段階の侵入を経て悪用されたものと見られる。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性