Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張

VMwareの複数製品において一時アップデートが提供されておらず、ゼロデイ状態が生じた脆弱性「CVE-2020-4006」が、国家レベルの巧妙なサイバー攻撃に悪用されていたことがわかった。

米国家安全保障局(NSA)がアドバイザリをリリースし、ロシアの支援を受ける組織のサイバー攻撃に同脆弱性が悪用されていたとして、米国防省をはじめとする安全保障機関のシステム管理者に対して注意喚起を行ったもの。

問題の「CVE-2020-4006」はコマンドインジェクションの脆弱性。「VMware Workspace One Access」「同Connector」「VMware Identity Manager(vIDM)」「同Connector」「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」などが影響を受ける。

NSAによれば、同脆弱性がウェブシェルのインストールやSAML認証アサーションの偽造に利用され、「Microsoft Active Directory Federation Services(ADFS)」に資格情報を送信してデータ侵害に悪用されたという。

同脆弱性の悪用にはパスワードベースの管理インタフェースへアクセスする必要があり、初期段階の侵入を経て悪用されたものと見られる。

(Security NEXT - 2020/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開