Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み

「Apache Tomcat」において情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性が明らかとなった。脆弱性の公表を受け、セキュリティ機関なども注意喚起を実施している。

「HTTP/2接続」におけるコネクションのストリーム送受信時に、ストリームのリクエストヘッダ値が以降のストリームで再利用され、情報が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2020-17527」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、12月3日に開発チームが公表したもので、米時間11月17日にリリースした「同10.0.0-M10」「同9.0.40」「同8.5.60」で修正済みだという。

同脆弱性の公表を受けて、JPCERTコーディネーションセンターなども利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのWindows向けパスワード管理製品に脆弱性
「Firefox」や「Thunderbird」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
Mozilla、「Thunderbird 91.6.1」を公開 - 細工メールで悪用のおそれ
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ