Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟

関東大学バレーボール連盟は、クラウドファンディングの支援者を対象に実施したアンケートで、回答内容が流出したことを明らかにした。

同連盟によれば、クラウドファンディング「大学生に集大成の場を。大学バレー秋季代替大会開催へ。」の支援者を対象に実施したアンケートにおいて、11月18日22時前から翌19日10時ごろにかけて、回答内容が閲覧可能となっていたもの。

アンケートを記入するフォームの設定ミスにより、回答者が回答後の完了画面で表示されるリンクから、他回答者の回答内容を閲覧できる状態だった。

閲覧された可能性があるのは、最大40人の回答情報。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、ユーザー名、支援額、コメントなどが含まれる。

11月18日22時過ぎに回答者から指摘が寄せられ、翌19日朝に同連盟では問題へ気がついたという。指摘を受けて回答情報の閲覧ができないよう設定を変更するとともに、対象となる回答者へメールで謝罪した。

(Security NEXT - 2020/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
児童館閉館知らせるメールで誤送信 - 来館対応重なり複数確認できず
教師養成講座受講予定者のメールアドレスが流出 - 大阪市
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出