Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価

JetBrainsが提供するIDE製品の管理ツール「JetBrains Toolbox App」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

ブラウザのプロトコルハンドラにリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2020-25207」が明らかとなったもの。開発者は同脆弱性の影響が限定的であるとして重要度を「低(Low)」とレーティングしている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを最高値である「10」と評価。重要度を「クリティカル(Critical)」とした。

同社は脆弱性を修正した「同1.18」をリリース。また同製品には、サービス拒否の脆弱性「CVE-2020-25013」も判明しており、「同1.18.7455」で修正されている。

(Security NEXT - 2020/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ