Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫

中央労働金庫は、同金庫が郵送した口座番号変更通知書の一部が、別人に配達されたり、所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫によれば、川口出張所の統廃合にともない口座番号の変更を顧客の届け出住所に通知したが、その際に過去に宛先不明として郵便物が届かなかった宛先に対してもそのまま発送し、通知書が届かずに所在不明となったり、別人に届くなど問題が生じているという。

大半は宛先不明で届かず返送されたが、通知書1件に関しては発送先の住所に住む別人に配達され、開封された。また返送されていない顧客に連絡を取ったり、届け出住所を訪問して通知書の所在について確認したところ、11月12日時点で42人分の通知書の所在がわからない状態になっている。

口座番号変更通知書には、顧客の氏名や口座種類、新旧店番号、新旧取引店名、新旧口座番号などが記載されていた。

通知書のみで取り引きを行うことはできないが、同金庫では通知書が誤配達により情報が漏洩した可能性のある顧客に対しては、謝罪した上で口座番号を変更する手続きについて案内するとしている。

(Security NEXT - 2020/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院