Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ

フォント製品を手がけるモリサワは、イベントを案内するメールを送信した際、本来の送信先とは異なる顧客の氏名を記載するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、11月18日11時ごろに配信したイベントの案内メールにおいて、受信者とは異なる別の顧客の契約番号や氏名を記載するミスが発生したもの。

配信先となる顧客リストの作成時にミスがあり、送信した3万4806件において送信先のメールアドレスと、契約番号および氏名の組みあわせにズレが生じたという。

同社では対象となる顧客に謝罪のメールを送信。送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会