Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ

フォント製品を手がけるモリサワは、イベントを案内するメールを送信した際、本来の送信先とは異なる顧客の氏名を記載するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、11月18日11時ごろに配信したイベントの案内メールにおいて、受信者とは異なる別の顧客の契約番号や氏名を記載するミスが発生したもの。

配信先となる顧客リストの作成時にミスがあり、送信した3万4806件において送信先のメールアドレスと、契約番号および氏名の組みあわせにズレが生じたという。

同社では対象となる顧客に謝罪のメールを送信。送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委