Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ

フォント製品を手がけるモリサワは、イベントを案内するメールを送信した際、本来の送信先とは異なる顧客の氏名を記載するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、11月18日11時ごろに配信したイベントの案内メールにおいて、受信者とは異なる別の顧客の契約番号や氏名を記載するミスが発生したもの。

配信先となる顧客リストの作成時にミスがあり、送信した3万4806件において送信先のメールアドレスと、契約番号および氏名の組みあわせにズレが生じたという。

同社では対象となる顧客に謝罪のメールを送信。送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと