Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数の脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正したアップデートがリリースされている。

あわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていないが、「高(High)」とレーティングされている脆弱性3件が含まれる。

「高(High)」とされる脆弱性を具体的に見ると、「CVE-2020-3985」はAPIにおける権限昇格の脆弱性。APIを呼び出すことで認証されたユーザーが特権を取得することが可能になるという。

Linuxにおいて動作する「同3.x」に影響があり、「同4.x」は影響を受けない。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアは「7.5」。

またシステムのパラメータを安全ではない方法で処理する脆弱性「CVE-2020-4002」が判明した。悪用には高い権限が必要となるが、基盤のシステムにおいてコードの実行が可能となる。「CVSSv3」のベーススコアは「7.2」。

「CVE-2020-3984」は、「同3.x」に影響があるSQLインジェクションの脆弱性で、「CVSSv3」のベーススコアは「7.1」とレーティングされている。

VMwareでは、脆弱性を修正した「同4.0.1」や「同3.4.4 build R344-20201103-GA」「同3.3.2 p3 build 3.3.2-GA-20201103」をリリース。注意を呼びかけている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-3984
CVE-2020-3985
CVE-2020-4000
CVE-2020-4001
CVE-2020-4002
CVE-2020-4003

(Security NEXT - 2020/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開