Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便

日本郵便は、投資信託取引や国債取引の取引内容が記録された書類を紛失したことを明らかにした。

同社によれば、千葉県や群馬県、山口県、埼玉県のあわせて4局において、投資信託取引や国債取引に関する取引内容を記録した「金融商品仲介補助簿」の所在がわからなくなっているという。

2009年度から2015年度まで、あわせて318人分の顧客情報が記録されており、氏名や記号番号、取引内容、取引金額、銘柄などが含まれる。同社は不要となった書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いとしており、対象となる顧客に説明と謝罪を行う方針。

今回の紛失は、ゆうちょ銀行が2020年10月に開始した郵便局を対象とする業務モニタリングにより発覚した。同行では他局で同様の問題が発生していないか確認するため、金融商品仲介補助簿について保存状況の緊急点検を実施している。

投資信託取引に関する金融商品仲介補助簿については、2019年5月に紙媒体への出力は廃止済み。以降はシステム上で保存を行っているという。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院