Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便

日本郵便は、投資信託取引や国債取引の取引内容が記録された書類を紛失したことを明らかにした。

同社によれば、千葉県や群馬県、山口県、埼玉県のあわせて4局において、投資信託取引や国債取引に関する取引内容を記録した「金融商品仲介補助簿」の所在がわからなくなっているという。

2009年度から2015年度まで、あわせて318人分の顧客情報が記録されており、氏名や記号番号、取引内容、取引金額、銘柄などが含まれる。同社は不要となった書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いとしており、対象となる顧客に説明と謝罪を行う方針。

今回の紛失は、ゆうちょ銀行が2020年10月に開始した郵便局を対象とする業務モニタリングにより発覚した。同行では他局で同様の問題が発生していないか確認するため、金融商品仲介補助簿について保存状況の緊急点検を実施している。

投資信託取引に関する金融商品仲介補助簿については、2019年5月に紙媒体への出力は廃止済み。以降はシステム上で保存を行っているという。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
高校で生徒の進路希望先を記載した一覧表を紛失 - 三重県
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市