Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社

小学館パブリッシング・サービスは、同社が運営する「BOOK SHOP小学館」が不正アクセスを受けたことを明らかにした。データベースより顧客が利用したクレジットカード情報が窃取されたという。

2015年4月13日から2020年6月15日にかけて同サイトで利用したクレジットカード情報が外部に流出し、一部が不正に利用された可能性があることが判明したもの。

流出した可能性があるのは、「グラビアクラブ」の決済に用いられた1036件のクレジットカード情報。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。システムの脆弱性が突かれ、データベースの情報へアクセスされたという。

6月12日にクレジットカード会社より情報流出に関する指摘があり、3日後の同月15日に決済を停止。外部事業者による調査は8月24日に終了し、10月22日に個人情報保護委員会へ報告するとともに、警察へ被害を相談していた。

同社では対象となる顧客に対しては、11月16日よりメールや書面を通じて謝罪しており、あわせて心当たりのない請求が行われていないか明細を確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明