Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正

Appleは、「macOS Catalina 10.15.7」および「同Supplemental Update」を公開した。すでに悪用が確認されている脆弱性に対処したという。

今回のアップデートでは、Google Project Zeroより報告を受けた脆弱性3件を修正した。いずれもすでに悪用が確認されているという。

具体的には、悪意を持って作成されたフォントの処理によりコードを実行されるおそれがある脆弱性フォントパーサーの脆弱性「CVE-2020-27930」を修正。

さらに権限の昇格により、悪意あるアプリケーションによってカーネルの権限で任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-27932」や、メモリが漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2020-27950」へ対応した。

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正