Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社

ヘルスケア事業を展開するエヌ・エイ・シーは、ウェビナー開催の案内メールにおいて送信ミスがあり、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、10月21日14時前、顧客に対してウェビナーの開催案内をメールで送信した際、送信先のメールアドレス64件を誤って「CC」に入力するミスが発生したもの。受信者間でメールアドレスが表示される状態となった。

送信直後に担当者が誤送信に気づき、同日対象となる顧客へメールで謝罪。あわせて誤送信したメールの削除を依頼した。同社は今回の問題を受け、運用ルールを見直し、「BCC」を利用した一斉メールを中止するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2020/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ