Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市

大阪市は、郵便物を発送する際に使用する「大阪市役所郵便物発送請求券料金後納郵便物差出票」の裏面に、個人情報が印刷されていたことを明らかにした。

同市によれば、市役所から郵便物を発送する際、郵便物に添えて郵便局へ持ち込む「差出票」の裏面に、個人情報が印刷されていたもの。10月21日に郵便局から連絡があり、前日20日に作成した差出票の裏面に個人情報が印刷されていたことが判明した。

同市では今回の問題を受けて2019年度と2020年度の差出票控えを確認したところ、2020年の5月から10月にかけて同様のケースが17件あったことが判明した。

氏名や住所、生年月日、性別、公費負担番号、医療機関情報、薬剤情報、介護保険被保険者番号、受給者番号、調定金額など、あわせて15人分の個人情報が含まれるという。

差出票の半券は控えとして同市へ返却され、のこる半券は郵便局で保管することになっていたが、担当者は差出票は内部文書で郵便局へ送付されないと誤解。個人情報を含む書類を再利用していた。

同市では、差出票の郵便局控えを回収。対象者と連絡を取り、事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
ポイントカード申込書が運送中に紛失 - ファイテン
マイナンバーカード裏面のQRコードから個人番号が漏洩 - 取り扱いに注意を
退学者などの個人情報がSNSに流出 - 大阪の府立高校
児童手当通知書の裏面に第三者の住民基本台帳情報 - 泉南市
案内はがきを印刷ミス、宛名と異なる顧客情報を裏面に記載 - 東邦ガス