Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス

オフィスソリューションの提供などを手がけるルクールプラスは、顧客にメールを送信した際、無関係の複数メールアドレスに対してもメールを誤って送信するミスがあり、顧客情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、10月14日13時過ぎ、顧客10人に対して案内メールを送信する際、過去に一斉送信したメールをテンプレートとして利用したところ、BCCに関係ない930人分のメールアドレスを含んだ状態で送信してしまったという。メールには、氏名や会社名、メールアドレスなどが記載されていた。人為的なミスが原因であり、マルウェアの感染については否定している。

送信から15分後に受信者から指摘があり問題が判明。同社店舗に対しても電話が相次いだという。同社では翌15日、誤送信先へ連絡を取り、経緯を説明して問題のメールについて削除を依頼。また個人情報が流出した顧客10人に対しては、メールと電話で謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大