Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社

日本郵便の子会社である郵便局物販サービスは、取引先にメールを送信した際、関係ない取引先企業の情報を含むファイルを誤って送信したことを明らかにした。

同社によれば、10月6日に沖縄事業本部の担当者が取引先32社に対してメールを一斉送信した際、無関係の取引先情報が含まれていることに気が付かず、表計算ファイルを誤って送信したもの。

誤送信したファイルには、同社のカタログ販売事業において掲載商品の仕入れを行っている取引先2750社の担当者の氏名、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、口座名義人、法人番号などが含まれていた。

翌7日に誤送信が判明。送信先となった32社に対しファイルの削除を依頼し、翌8日までに削除したことを電話で確認した。また32社を同社従業員が訪問し、情報が削除されていることや二次利用がないことを現地で確認したという。

また今回の問題を受け、企業情報が漏洩した2750社に対しては、書面を通じて謝罪。再発防止に向けて従業員の研修を実施するほか、マニュアルの再整備を実施する。

(Security NEXT - 2020/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大