Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も

VMwareの複数製品において脆弱性が明らかとなった。「VMware ESXi」に関しては深刻な脆弱性が修正されている。

「VMware ESXi」をはじめ、「VMware Workstation」「VMware Fusion」「NSX-T」「VMware Cloud Foundation」など複数の製品に脆弱性が明らかとなったもの。

今回修正された脆弱性において、もっとも重要度が高いのが解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-3992」。「ESXi」と「VMware Cloud Foundation」に影響があり、管理ネットワークにおいて427番ポートにアクセスできる場合、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアが「9.8」、重要度が「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

このほか、製品によって影響を受ける脆弱性は異なるが、「重要(Important)」とされる脆弱性4件や、「中(Moderate)」とされる脆弱性1件が公開されており、各製品向けにアップデートがリリースされている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-3981
CVE-2020-3982
CVE-2020-3992
CVE-2020-3993
CVE-2020-3994
CVE-2020-3995

(Security NEXT - 2020/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消