Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設

鉄建建設は、ランサムウェアに感染し、9割以上のサーバが意図せず暗号化される被害に遭ったことを明らかにした。端末よりマルウェア対策ソフトがアンインストールされたほか、データの窃取などの被害も確認されている。

同社によれば、9月23日7時ごろ、同社内部においてシステム障害を検知。全従業員の端末を社内ネットワークから切断し、原因を調べたところ、被害を受けたサーバから連絡先を記した英文による脅迫文が見つかった。具体的な金額の指定などはなかったという。

今回の攻撃で、70数台あるサーバのうち、95%で暗号化などの被害が発生。従業員が使用する端末についても約3000台のうち、約10%でセキュリティ対策ソフトがアンインストールされていた。

さらに、サーバ内部から一部データが窃取され、外部サイトに掲載されていることも判明。掲載されていたデータは、いずれも公開情報で機密情報ではなかったが、同社より流出したものであることが調査で判明している。

(Security NEXT - 2020/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
北朝鮮攻撃グループ「Lazarus」の新ツールを発見 - 現在も攻撃に使用