Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市

静岡市は、敬老行事の対象者リストが所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、同行事を実施する1団体が、同市より提供を受けた2020年度の敬老行事対象者リストを紛失したもの。9月29日に判明した。

所在がわからなくなっているリストには、80歳以上の高齢者69人分の氏名、住所、性別、年齢などが記載されていた。同リストは経費を算定、同市に補助金を申請するために利用するもので、敬老行事終了後にリストを返還することになっている。

同市では対象者に対し、書面で謝罪するとともに、紛失した情報の不正利用に対する注意喚起を行った。

(Security NEXT - 2020/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大