Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載

厚生労働省が実施している人工呼吸器に必要な衛生用品の優先配布事業において、一部配送伝票に別の申込者の個人情報が表記されていたことがわかった。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、人工呼吸器などを利用する在宅医療ケアが必要な障害者において、アルコール綿や精製水など入手がしづらい状況となっていることから、同省ではアルコール綿や精製水を一括して買い上げ、優先的に配布する事業を行っているが、業務の委託を受けているヤマトロジスティクスにおいて、配布品に添付された配送伝票に別の申込者の氏名や電話番号などを誤って表記、配達していたことが判明したという。

配送データにおける事務処理の誤りが原因で、誤表記により最大で253人の個人情報が流出した可能性がある。

今回の問題を受け、厚生労働省では対象者に連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市