Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技

NTTデータ先端技術は、組織のシステム内部へ脅威が侵入していないか調査、分析する「Threat Huntingサービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスでは、同社のCSIRT活動やNTTグループ内の情報連携などを通じて取得したインテリジェンスを活用。攻撃パターンなどの解析結果などの情報をもとに、収集されたログなどから組織内に対する脅威の侵入状況について調査、分析する。

また同社が従来から提供する「セキュリティ・インシデント救急サービス」との連携に対応。調査により脅威を発見した場合についても対応を支援することが可能となっている。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト