Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技

NTTデータ先端技術は、組織のシステム内部へ脅威が侵入していないか調査、分析する「Threat Huntingサービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスでは、同社のCSIRT活動やNTTグループ内の情報連携などを通じて取得したインテリジェンスを活用。攻撃パターンなどの解析結果などの情報をもとに、収集されたログなどから組織内に対する脅威の侵入状況について調査、分析する。

また同社が従来から提供する「セキュリティ・インシデント救急サービス」との連携に対応。調査により脅威を発見した場合についても対応を支援することが可能となっている。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント