Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技

NTTデータ先端技術は、組織のシステム内部へ脅威が侵入していないか調査、分析する「Threat Huntingサービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスでは、同社のCSIRT活動やNTTグループ内の情報連携などを通じて取得したインテリジェンスを活用。攻撃パターンなどの解析結果などの情報をもとに、収集されたログなどから組織内に対する脅威の侵入状況について調査、分析する。

また同社が従来から提供する「セキュリティ・インシデント救急サービス」との連携に対応。調査により脅威を発見した場合についても対応を支援することが可能となっている。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東