Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技

NTTデータ先端技術は、組織のシステム内部へ脅威が侵入していないか調査、分析する「Threat Huntingサービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスでは、同社のCSIRT活動やNTTグループ内の情報連携などを通じて取得したインテリジェンスを活用。攻撃パターンなどの解析結果などの情報をもとに、収集されたログなどから組織内に対する脅威の侵入状況について調査、分析する。

また同社が従来から提供する「セキュリティ・インシデント救急サービス」との連携に対応。調査により脅威を発見した場合についても対応を支援することが可能となっている。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade