Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性

UQコミュニケーションズは、格安SIMサービス「UQ mobile」の割賦契約において、誤った信用情報を関連機関に登録していたことを明らかにした。与信判断に影響した可能性がある。

同社によれば、割賦販売契約を契約した顧客の信用情報を、信用情報機関であるシー・アイ・シー(CIC)に報告する際、システムの不具合により、一部のユーザーで誤った内容を登録していたことが判明したもの。

契約時期や支払い状況によって誤登録が行われた時期は異なるが、2018年1月から2020年9月にかけて、割賦代金を指定の期日までに支払わなかった一部利用者について、支払い遅延情報を誤ってCICに登録していた。

誤った情報が登録されたことにより、最大1万2176人において、CIC加盟会社との間で割賦契約やクレジット契約の申し込みなど信用情報を用いた取り引きをした場合、与信判断に影響が生じた可能性があるという。

同社では、影響を受けた可能性がある顧客に対し、書面で経緯を説明するとしている。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム不具合で信用情報を誤登録 - UQコム
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - 日専連パシフィック
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
約15年にわたり一部信用情報を誤登録 - JA三井リース
7年にわたり信用情報の登録に漏れ - ジャックス
5年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 北國銀
eコマースのプラットフォームに不正アクセス、個人情報などが漏洩 - バックドアのUIは中国語
クレジットカード決裁のビッグデータ活用に向けた報告書 - 経産省
国内最大のカード決済ネットワークで一時障害 - 現在は復旧
顧客情報含む書類やUSBメモリの紛失を公表 - 永和信金