Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列

またフィッシングサイトでは、クレジットカード情報をはじめ、個人情報の入力を求め、さらにクレジットカードの3Dセキュアによる本人認証情報も詐取しようとしていた。

サイト上では「日本郵政公社」と郵政民営化前の法人名を名乗っており、入力フォームには国内で見慣れない「氏」「夫人」といった選択肢があるなど、国内の事情を知らない攻撃者が作成したものと見られる。

9月28日の段階でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

20200928_ap_002.jpg
誘導先フィッシングサイトの一部(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も