Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者

オンライン融資プラットフォームの開発を手掛けるクレジットエンジンは、顧客に連絡を取るメールにおいて送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、9月8日14時ごろ、会計情報や取引履歴など外部データを取得し、金融機関の融資審査をサポートする同社のデータ連携サービス「CreditEngine DataHub」の利用者にデータ連携の方法を変更することを知らせるメールを送信した際、送信ミスが発生したもの。送信先を誤って宛先に入力したため、メールアドレス14件が受信者間に表示される状態となった。

誤送信が判明し、同社では約1時間後に対象となる顧客に報告と謝罪を行った。同社では、メール送信前のチェック体制を強化し、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー