Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県

新潟県は、同県教育センターの職員が、生徒の成績などの情報が保存されたと見られるUSBメモリを紛失したことを明らかにした。

同県によれば、9月14日15時半ごろ、職員が個人で所有するUSBメモリを紛失していることに気付いたもの。9月11日19時半ごろ、公共交通機関内で同USBメモリを使用したが、以降の所在がわかっていない。

問題のUSBメモリには、担当科目に関する資料のほか、過去の勤務校における生徒の成績なども保存されていた可能性があるが、「職員の記憶によるもので、保存されていた情報を特定できない状況(同県)」だという。

同センターでは、許可のもと専用のUSBメモリを利用する必要があったが、同職員はセキュリティポリシーに反して個人所有のUSBメモリを使用していた。同県では引き続き調査を進め、処分なども検討するという。

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院